みんなで達成しよう!長野市の温室効果ガス削減目標

長野市の温室効果ガス削減目標

長野市には地球温暖化を止めるための目標があるんだね。達成するためにはどんなことをしていけば良いんだろう?

長野市の平均気温は2000年が12.2℃、1900年が10.8℃でした。100年間で1.4℃も高くなっています。(長野気象台統計データより)自然を守り、人も動物も住みやすい環境を保つためには、たくさんの温室効果ガスを減らしていかなくてはなりません。長野市では、温室効果ガスの削減目標を設定して、その目標を達成するために必要な対策などを細かく示しています。温室効果ガスを削減するのは、市民・事業者・行政など、長野市に関わるわたしたち一人ひとり。それぞれがそれぞれの立場でできる温暖化対策を、確実に実践していく必要があります。

■長野市の温暖化の現状

部門別排出量の推移
(2012年度の1990年度、2005年度に対する増減率)

部門 1990年度
(t-CO2)
(信州新町、中条含む)
2005年度
(t-CO2)
2010年度
(t-CO2)
2012年度
(t-CO2)
対90年度
増減率
対05年度
増減率
製造業・建設業・鉱業 505,898 397,944 361,683 328,743 -35.0% -17.4%
業務 483,334 810,702 599,369 686,636 42.1% -15.3%
農林水産業 59,667 54,004 47,771 49,083 -17.7% -9.1%
家庭 370,430 487,078 416,397 430,612 16.2% -11.6%
運輸 510,988 547,041 505,205 491,365 -3.8% -10.2%
廃棄物・排水 71,750 79,773 57,083 60,022 -16.3% -24.8%
温室効果ガス排出量合計 2,002,067 2,376,542 1,987,509 2,046,460 2.2% -13.9%
業務部門: 事業所ビル、百貨店、各種商品小売業、その他の卸・小売業、飲食店、ホテル・旅館、学校、病院・医療施設等が該当します。
家庭部門: 家庭生活におけるエネルギー消費により温室効果ガスを排出する部門です。
運輸部門: 鉄道、トラック、バス、タクシー、自家用車など、輸送機械により温室効果ガスを排出する部門です。

2012-3

 

 

■長野市の温室効果ガス削減目標

2050年までに温室効果ガス排出量を2005年度の排出量から60%(一世帯あたり約1.87t-CO2)以上削減
2020年までに温室効果ガス排出量を2005年度の排出量から15%(一世帯あたり約470Kg-CO2)以上削減

■「長野市地球温暖化対策地域推進計画」はこちらです。(長野市ホームページへリンク)

長野市をステキなエコのまちにするために、みんなで力を合わせよう!

▲ページトップへ