果樹剪定枝・薪ストーブ活用推進事業 薪提供者・薪利用者募集中

令和4年度からは、対象区域を長野地域連携中枢都市圏に拡大し、「果樹剪定枝等まきストーブ活用推進事業」を実施します。

この事業は「ストーブのまきを自己調達(木を適当な長さに切る、割るなどの作業や、運搬などを自ら行ってまきを調達すること)したい!」という方と「不要な果樹剪定枝等を引き取ってほしい!」という農家の方それぞれに登録していただき、適当な相手をご紹介する事業です。

事業の大まかな流れは以下のとおりです。
まきの利用を希望する方(ユーザー)、または果樹伐採木の提供を希望される農家の方に、個別に申し込んでいただきます。

  1. まきの利用を希望する方(ユーザー)、または果樹剪定枝等の提供を希望される農家の方に、個別に長野市地球温暖化防止活動推進センターに郵送・FAX・E-mailのいずれかの方法で申し込んでいただきます。
  2. 申し込みを取りまとめて、それぞれに何人かの住所・氏名など必要な情報を提供します。
  3. ユーザー、農家ともに、提供された情報を基に条件が合いそうな相手方に問い合わせます。
  4. 日時を調整し、ユーザーは、相手方農家の果樹園など現地へ行き、必要な作業をして果樹剪定枝等を持ち帰ります。

​※まき等の提供に当たっては、お互いに金銭(金品)のやり取りは行わないこと、としていますのでお願いいたします。

 

(1)申込書(まき利用者用) [Wordファイル/19KB]

申込書(まき利用者用) [PDFファイル/161KB]

(2)申込書(農家・まき提供者用) [Wordファイル/27KB]

申込書(農家・まき提供者用) [PDFファイル/197KB]

お知らせ一覧